現在位置
  1. トップページ >
  2. 意見募集 >
  3. 請願書、陳情書 >
  4. 請願・陳情の作成方法や取り扱いについて

請願・陳情の作成方法や取り扱いについて

区政に関することや地域の身近な問題などで、区民のみなさんのご意見やご要望などを直接区議会に提案できる制度として、「請願・陳情」があります。法律に定められた国民の権利であり、どなたでも提出することができます。

1.作成方法及び受理

次の事項を邦文で記載し、議長宛てに1部提出してください。(別添記入例参照)

(1)請願書の記載事項
  • 提出年月日
  • 件名(40字以内)
  • 請願を紹介する議員の署名又は記名・押印してください。
  • 請願者(法人・団体などにあっては、その名称を記載し、代表者)の自署又は記名・押印してください。
  • 請願者が複数の場合は代表者を設定し、最上位に記載してください。
  • 請願者の住民登録地(法人・団体などにあっては、その所在地)、連絡可能な電話番号を記載してください。
  • 趣旨(請願の趣旨を明確かつ簡潔に記載したもので、1,500字以内)
(2)陳情書の記載事項
  • 提出年月日
  • 件名(40字以内)
  • 個人で陳情をされる場合は、陳情者の自署又は記名・押印のうえ、住民登録地と電話番号を記載してください。
    なお、陳情者が複数の場合は代表者を設定し、その代表者を最上位に記載してください。
  • 法人・団体として陳情される場合は、その名称を記載し、代表者の自署又は記名・押印のうえ、団体所在地と併せて、必ず代表者の住民登録地と連絡可能な電話番号を記載してください。
    なお、複数団体で申請する場合は代表団体を設定し、最上位に記載してください。
  • 趣旨(陳情の趣旨を明確かつ簡潔に記載したもので、1,500字以内)
(3)署名簿

多数で請願(陳情)をするときは、署名簿を以下のように請願(陳情)書に添えて提出してください。

  • 署名者(代表者以外の方)が請願(陳情)の趣旨に賛同していることが確認できるように、各署名用紙ごとに請願(陳情)の件名・趣旨を記載してください。
  • 住所及び氏名を自署することを原則とします。ただし、自署できない特段の理由がある場合は記名でも結構ですが、押印を必要とします。(押印を欠くものは無効となります。)
(4)請願書・陳情書の受理
  • 請願(陳情)書(署名簿を含む)は、持参又は郵送により受け付けます。
  • 提出いただいた請願(陳情)書(署名簿を含む)は、上記(1)の必要事項の記載を確認し、受理します。
  • 受理した請願(陳情)書(署名簿を含む)は、公文書としての性格を有するため、一切返却しません。
  • 法令又は公序良俗に反する行為を求めるもの、個人の秘密を暴露するもの等、請願(陳情)になじまないものは受理できません。

2.請願・陳情の取り扱い

(1)請願の取り扱い

受理した請願書は、担当する委員会に付託し、審査・調査をします。(議長が委員会に付託する必要がないと認めるときは、この限りではありません)本会議で結果を報告し採択した場合は、区政に反映させるよう区に要望します。

提出された方には、付託委員会、審査状況などをその都度お知らせします。

(2)陳情の取り扱い

当区議会では、議会の開会中、閉会中を問わずに迅速に陳情の審査・調査を行う「送付陳情制度」を取り入れています。議会運営委員会で意見を聴き、議長が所管の委員会に送付又は参考送付します。

参考送付は、区民以外の陳情を委員会に参考として送付し、原則として資料配布にとどまります。審査の有無については委員会が判断します。

提出された方には、送付する委員会、審査状況などをその都度お知らせします。

ただし、次の事項に該当する陳情は、委員会に送付せずに議長預かりとし、議員が閲覧を希望する場合は、議長に申し入れをします。

  1. 特定の個人、団体等を誹謗し、中傷し、その名誉を毀損し、又は信用を失墜させる恐れがあるもの
  2. 裁判等で係争中の事件に関わるもの
  3. 趣旨等が不明確なもの
  4. 郵送等により提出されたもので、陳情者と連絡が取れないもの
  5. 件名に個人名があるもの
  6. 私人間の争いに関するもので、互いが自主的に解決すべきもの
  7. その他議会の審査になじまないもの

送付を受けた委員会は、定例区議会の開会中、閉会中を問わず陳情書の審査・調査を行い、結論が出た場合は、その審査・調査結果を議長に報告します。

(3)署名簿の取り扱い
  • 署名簿は、議員の閲覧を可とします。ただし、複写は行いません。
  • 議員は、閲覧した署名簿の内容に情報公開条例に規定する非開示情報が記載されているときは情報公開条例の趣旨を踏まえ、秘密を保持するものとします。
  • 情報公開条例に基づく開示請求への対応については、請願(陳情)者(複数の場合は代表者)に対し、事前に書面にて意思確認を行います。
  • 開示に同意しない場合は、公開の対象とはなりません。ただし、請願(陳情)を提出する代表者の方(請願(陳情)書に記載された代表者の方)の氏名・住所は公開となります。
(4)請願・陳情の訂正・取り下げ

請願(陳情)者(複数の場合は代表者)は、請願(陳情)内容の一部を訂正し、又は取り下げようとするときは、紹介議員の了解を得て(陳情の場合は不要)、別添記入例を参考に記載し、願い出てください。


3.議決(審査)結果等の通知

議決(陳情の場合は審査)の結果等については、請願(陳情)者(複数の場合は代表者)宛て、郵送により通知します。


4.記入例・入力フォーム

請願(陳情)書には、特定の用紙がありませんので、申請者各自が作成することになります。

標準的な様式は、下記ファイルをご参照ください。

請願書・陳情書では、請願には「紹介議員」が必要であることを除き、他の事項は同じです。

(注)PDFの読み方

連絡先  千代田区議会事務局

〒102-8688  千代田区九段南1-2-1  区役所7階
電話  03-3264-2111(代表)  内線  3315〜6
ファクシミリ  03-3288-5920
メールアドレス  kugikai@city.chiyoda.lg.jp